読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六根精浄 [ Rock on SHOJO ]

五感と心を洗う、人間らしい時間をプロデュース

陶芸への愛溢れる若き才能がつなぐ、うつわと人のこころ

京は五条坂、陶器の街で活躍する若き才能と、お茶やお酒のワークショップを開催します。器で街や人をつなげる吉田瑞希さんは、とある超有名ホテル料理長とのコラボを織り込んだ展示会などの経験をお持ちです。最近は、陶器祭でまちあるきのガイドを担当くだ…

京は煎茶と禅の隠れ寺・葉室山淨住寺、月イチ特別公開和文化サロン

毎月第三木曜日は、葉室山淨住寺月イチ特別公開和文化サロン「三木会」。今月も煎茶席を担当させていただきました。今回の和菓子屋いけださんによるお菓子は、イチジク羊羹「五里五里」。京都府城陽市、五里五里。京都から五里、奈良からも五里にある地とい…

仏教音楽の聖地・京都大原勝林院、諸仏に捧ぐ奉納ライヴ

天台声明の聖地、大原勝林院。天台宗をはじめとし、浄土宗や浄土真宗等に伝わる声明は「魚山聲明」と呼ばれ、大河となって現代まで継承されています。そんな日本における声明の源流大原勝林院で、幻想的な夜灯りの世界観のなか、和太鼓や箏などの奉納演舞が…

お茶に所縁の深い京都非公開寺院で感じる、煎茶の歴史

中世史料『異制庭訓往来』で宇治や栂尾高山寺と並べられる茶園。洛西の黄檗宗葉室山淨住寺にて、煎茶席を担当させていただいております。最近のお席では、仙台藩伊達家屋敷を移築した方丈、「うぐいず張り」の廊下で、苔生すお庭を眺めながらのセッティング…

祇園祭の謎を解く!本当の祭神「牛頭天王」とは一体…?!

京都家紋研究会会長森本勇也さんとともに、祇園祭の祭神牛頭天王に関するお話をさせていただきました。 牛頭天王は祇園祭だけじゃない…? 七支刀で有名な石上神宮、戦艦大和のご祭神大和神社、お酒の神さん大神神社も、祇園祭と無関係じゃなかった! お煎茶…

陶芸でまちとひとをつなぐ、五条坂陶器祭りまちあるき

8月9日、五条坂陶器祭り。 陶芸を学ぶよしだみずきさんのご案内で、暑さやわらぐ夕暮れから、まちあるきを開催。 Facebookでのみ参加を募り、小規模ながら濃密な時間でした。 五条坂に走る花折断層と登り窯の形成、登り窯跡に関する歴史的なお話。 さらに各…

葉室山淨住寺座禅体験

かつては「臨済正宗」と呼ばれていた、黄檗禅宗は葉室山淨住寺にて、定例座禅体験をご指導いただきました。本格的にご住職主導のお寺発信が始まり、地域に開かれたお寺を目指すご住職のご意向から、まずは近隣にお住まいの方を対象とされています。喧騒より…

祇園祭煎茶献茶祭

6月に入り、7月の祇園祭も近くなってきました。 祇園祭では、京都六流派による煎茶献茶祭が納められます。 今年は瑞芳菴流煎茶道の点前はありませんが、毎年2流派ずつ輪番制で担当します。 2会場のうちの常磐御殿は、もとは「常磐御所」と呼ばれた光照院門跡…

宇治橋たもとの通圓さん

6月1日の宇治上神社新茶献茶祭。瑞芳菴流の家元による奉納点前の他は、通圓さんによって直々にお茶が淹れられていました。通圓さんは、宇治橋のたもとで平安時代末期より続くお茶屋。宇治橋の橋守として歴史を歩み始め、往来の人にお茶を出されていたとのこ…

宇治上神社と平等院鳳凰堂

世界遺産に認定されて、20年少しの宇治上神社。同じ宇治の平等院鳳凰堂ほど有名ではありませんが、実は平等院にとって宇治上神社はなくてはならないお社。平等院鳳凰堂に祀られるのは、阿弥陀さん。池のなかにお堂がつくられ、阿弥陀さんの世界が表現されて…

本能寺信長公忌

「本能寺の変」が起こった6月2日、本能寺にて織田信長の法要がありました。普段は立ち入れない本堂内陣へ上がらせていただいき、焼香。その後は、薩摩琵琶の演奏と墨絵のライブペイントと薩摩琵琶のコラボパフォーマンスがありました。もともとは、四条堀川…

家紋御朱印寺社巡り ~家紋と朱印を学んで朱印をもらいに行こう!~

京都家紋研究会会長の森本さん、御朱印オトメ部主宰の西村さんとともに、京都は岡崎エリアの寺社ガイドをさせていただきました。 本企画は午前から一日かけて開催されましたが、お煎茶メタラーは厭離庵でのお茶会があったため、午後からの合流でした。 黒谷…

平安神宮神苑と東西の岡崎天王

平安神宮の神苑、普段立ち入れないエリアにある「天王塚」と呼ばれる陵墓参考地・後三条天皇火葬塚。2015年9月の平安神宮煎茶祭、瑞芳菴流はこちらのエリアで席を設けさせていただいて、写真はそのときのもの。粗い画像ですが、生け垣のうちにある土盛りがそ…