六根精浄 [ Rock on SHOJO ]

五感と心を洗う、人間らしい時間をプロデュース

鷲峰山高台寺。観光シーズン外してて混雑ないし、いい感じ。

国境なき僧侶団「お坊さんとバーガーショップで忘年会」

クリスマスと大晦日の狭間。 TV朝日『ぶっちゃけ寺』出演のおふたりと、京は東山二条にてハンバーガーを頬張ります。 ぶっちゃけボンサンと語ろう会#012 | Facebook

清水の舞台から、ワンバウンド、ツーバウンド、スリーバウンド。鳥辺山通妙寺さんにて。鳥辺野ちゃんこをいただく。さすがは鳥辺野、星空が近かった。この地に葬られたら、ずっとプラネタリウム。

葉室山淨住寺限定拝観案内

淨住寺にいると、夕焼け知らず。西山東向きの伽藍は、夜明けのためにあるような。 - - - - - - - - - -【「拝観謝絶」、終わりました。】紅葉シーズン前まで開催し、多くの方にお参りいただいた限定拝観案内。12月から、パワーアップして復活します! - - - …

淨住寺方丈の縁側で、煎茶遊び。流派は違えども、同世代の煎茶人がいると、何かと心強い。

洛西、葉室山淨住寺。2015年は12月7日をもって、紅葉の真っ盛りとなりました。おそらく、ね!

写真左下の石段。この先に、隠元隆琦の弟子にして、嵯峨野直指庵二代目の月譚道澄がいたかもしれない「達観亭」があったかもしれないという、わくわくの妄想。どうやら、作庭の痕跡があるそうでー!

桂離宮脇の、春日神社。よいグラデーションである。

葉室山淨住寺公開情報

12月に入って、ようやく秋らしい色づきを迎えた淨住寺。明後日から、淨住寺にて虫干し的なことを試みます。 - - - - - - - - - -【葉室山淨住寺寺宝特別公開】「ロケーションは伊達屋敷、師走の風に躍る軸」【「拝観謝絶」、終わりました。】淨住寺の土蔵に…

今月の東山酒呑童子

若葉マークの酒呑みが開ける、東山のカフェを借りての、週末限定日本酒バー。今月は、呑み放題もやりますー。場所は、こちら。和香菜ジャンル:甘味処住所: 京都市東山区下河原町476-2このお店を含むブログを見る(写真提供:流夜) - - - - - - - - - -2015…

しかし、ええ感じのグラデーションで。なんぼ今年の紅葉はハズレって言っても、結局自然はうつくしい。

ほぼほぼ、寺守り。淨住寺方丈貸切の立会いのため、在坊するものの、思いの外やることなく、火鉢と遊ぶ。

塩ダレ天津炒飯。しあわせであります。

今週は、金曜夜のみオープン。しかし、暇であります。高台寺やらのライトアップは、やっぱ人でいっぱいなんだがなー!

煎茶席

葉室山淨住寺の方丈を貸切りで、ベトナムからお越しの方々に、煎茶の提供。噂に聞く生アオザイ姿に、お運びさんもとい俺はドキドキである。

一日奮闘して、やっと火鉢の暖が安定。寺には火鉢が余っていると言っても、使うだけの力がなければ、話になりませんな!

稽古日

カテキン摂取で風邪予防。

鉄牛禅師はメタル - Infernal War "Into Dead Soil"

鉄牛禅師はメタル(名前が)。火鉢のぬくもりが欲しくなる風が、大気を支配し始めましたね。

おやつの時間を迎えると、冷えこみで肩が強張るように。ハゲの桜が桃色に染まるころが、さっそく楽しみになってきました。

葉室家家紋の由来になっているらしい、四方竹。土佐の方では食されていると聞いて。酒のアテにはどーなんだろうか。

鉄牛禅師はメタル - Deadlock "Virus Jones"

鉄牛禅師はメタル(名前が)。 いいんだ、セルフカバーで、まるでこのころのDeadlockがなかったかのようにされてしまっていても。 鉄牛道機 - Wikipedia 鉄牛道機(てつぎゅう どうき、寛永5年7月26日(1628年8月25日) - 元禄13年8月20日(1700年10月2日)…

黄檗禅僧とつくる精進うなぎ

仏教的な食事といえば、精進料理。動物性のものを一切調理しない食事のことで、そこに込められた仏教的哲学から、噛めば噛むほど滲み出る奥深さを感じられそう。なかでも、禅宗の一派である黄檗宗の精進料理は「普茶料理」と呼ばれ、専門料理店が本山萬福寺…

日本酒発祥の地

奈良に帰省することがあったので、先輩のお寺に寄ってきました。真言宗は、菩提山正暦寺。近ごろは、日本酒発祥の地として注目を浴びています。 奈良盆地の東方、山中に集落があり、その奥まったところに境内があります。かつては興福寺の末寺としてあったお…

葉室山淨住寺限定拝観

京都は苔寺、鈴虫寺の南方に位置する、黄檗宗のお寺。一帯の葉室邑を拠点とした、藤原北家勧修寺流・葉室氏の菩提寺です。 今回は、日程と人数を限定し、寺院拝観として初公開です。過去には、瑞芳菴流煎茶道や京友禅作家・井口翔雲氏、ご住職による座禅のワ…

「数寄屋袋を てにいれた!」(テッテレー

先日いただいた、数寄屋袋。瑞芳菴流の門脇先生と、京友禅・井口翔雲さんの合作(と勝手に言っちゃう)。手に受け取り、箱を外した瞬間に「えー!めっちゃかっこええ!」と声に挙げてしまいました。今までに数寄屋袋というものを持ったことがなかった感動も…

禅僧煎茶#3 『ウナギのモドキ』

精進うなぎ、つくります 宇治市を拠点とする禅には、ウナギモドキの逸品があります。 豆腐で作ったハンバーグなど、動物性たんぱく質に頼らずに模した一品は、もはや一般的なメニュー。ところが、400年も前から京都には、似たような料理文化がすでにありまし…

【煎茶道略歴】

(※敬称略) 2015年、京都六流派瑞芳菴流煎茶道の当代家元にして黄檗僧の大田和博仙と出逢い、二条城市民煎茶の会を経て、当流派に入門。 葉室山淨住寺や福聚山海寶寺での煎茶席、御寺泉涌寺別格本山雲龍院や一切経山金剛寺にて煎茶淹れくらべワークショップ…

【お煎茶メタラー】

(※敬称略) 1987年大阪市生まれ、奈良県天理市育ち。 奈良工業高等専門学校情報工学科に入学。 17歳のとき、自律神経失調症と診断され、休学と復学を繰り返すが、快復が叶わず自主退学。 生きづらさと自死の困難さの狭間で苦悩し続けていたところに、中村元…

過去のスケジュール

2015年【11/19】淨住寺葉室サロン「三木会」003【11/10】葉室山淨住寺限定拝観(追加)【10/31】太秦江戸酒場(10月31日、11月1日)【10/24】宇治茶振興会の何か【10/15】淨住寺葉室サロン「三木会」002【09/27】平安神宮煎茶献茶式 【09/17】三木会(第三木…