読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六根精浄 [ Rock on SHOJO ]

五感と心を洗う、人間らしい時間をプロデュース

本能寺信長公忌

寺社 京都の歴史
f:id:pdrknshjpd:20160602233322j:image
本能寺の変」が起こった6月2日、本能寺にて織田信長の法要がありました。

普段は立ち入れない本堂内陣へ上がらせていただいき、焼香。
その後は、薩摩琵琶の演奏と墨絵のライブペイントと薩摩琵琶のコラボパフォーマンスがありました。

もともとは、四条堀川付近、京都坊主BARや信長茶寮のあたりにあった本能寺。
炎上の後に、現在の寺町御池付近へ遷っています。
その際に、本能寺の「能」が異体字へと変えられました。
炎を連想させるふたつの「ヒ」から、火が「去」るように、と。
ついつい見逃しがちですが、実際にお参りすると「能」ではないことに気づきます。