読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六根精浄 [ Rock on SHOJO ]

五感と心を洗う、人間らしい時間をプロデュース

宇治上神社と平等院鳳凰堂

寺社 京都の歴史
f:id:pdrknshjpd:20160603232603j:image
世界遺産に認定されて、20年少しの宇治上神社
同じ宇治の平等院鳳凰堂ほど有名ではありませんが、実は平等院にとって宇治上神社はなくてはならないお社。

平等院鳳凰堂に祀られるのは、阿弥陀さん。
池のなかにお堂がつくられ、阿弥陀さんの世界が表現されています。
平等院鳳凰堂はもともと、お経に描かれた世界を再現したところ。
つまり、お庭そのものが仏さんの世界とされます。

この位置関係が、平等院の存在に意義を持たせています。
普段日常を送る世界が、宇治上神社の座す世界。
川の向こうには、理想郷とも言える仏さんの世界が望めます。
死後は、川の向こうに見える阿弥陀さんの世界に生まれ変わることを憧れて。

そうして極楽の死後を願って、川を隔てたところに平等院鳳凰堂をつくったというわけです。
宇治上神社のある世界は、平等院鳳凰堂がつくられた理由を語るとき、なくては話にならないのです。