読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六根精浄 [ Rock on SHOJO ]

五感と心を洗う、人間らしい時間をプロデュース

陶芸への愛溢れる若き才能がつなぐ、うつわと人のこころ

f:id:pdrknshjpd:20160825135320j:image

京は五条坂、陶器の街で活躍する若き才能と、お茶やお酒のワークショップを開催します。

器で街や人をつなげる吉田瑞希さんは、とある超有名ホテル料理長とのコラボを織り込んだ展示会などの経験をお持ちです。
最近は、陶器祭でまちあるきのガイドを担当くださり、関係者だからこそわかる史跡や、名立たる陶器屋さんをご紹介くださいました。

Yoshida Mizuki Ceramic & Activity

今回の企画では、これからもっと陶芸への愛や想い、哲学を伝える人になりたいとの一心から、器と人のストーリーを語ってくださいます。
アツくてあたたかい、心がほっこりと満たされるような時間とお話を、お茶やお酒で満たされながらシェアしましょう。

f:id:pdrknshjpd:20160825135329j:image

企画要項は、Facebookのイベントページから。

「ウツワ」という言葉はウツセミ、ウツロイなどと同じく、空(くう)や虚といった観念を表す古語「ウツ」の派生語である。

貴方は、普段から器選びを意識していますか。
気に入った器を手にした時の、おさまりの良さ。
好きな器に触れると心が落ち着いたり、「美しいなぁ」と感じ入ったり...。
そんな満ち足りた時間があるかと思います。
器は、心を豊かにしてくれる力を持っています。

今回のイベントでは、あなたが気に入っている器を持参し、「抹茶」と「日本酒」を味わってみませんか?
器に興味はあるが、楽しみ方がわからない…。
陶芸を始めて10年目。
京都清水で陶芸を追求し続ける25歳の吉田瑞希が、今更聞けない器のことをお話しします。

器というモノと人との間に、豊かな相互作用があることを感じでもらえたら......。


◆日時
・抹茶編…9月9日(金) 19時~21時
・日本酒編…10月7日(金) 19時~21時

◆場所
Ninja Dojo and Store

◆料金
抹茶編…2500円
日本酒編…3000円

◆定員
ともに12名ずつ

◆持ち物
抹茶編…お気に入りの陶器、抹茶に合うお菓子
日本酒編…お気に入りの陶器、日本酒、日本酒に合う料理やあて

◆その他
【予約について】
yasseyaseyase@gmail.comにて「器で満たされる私の心【抹茶編】」もしくは「器で満たされる私の心【日本酒編】」とお伝え、お名前・人数・ご連絡先をそえてお申し込みください。

//////////////////////////////////////////////////

【プロフィール】

・吉田 瑞希「陶芸で地域と人を結ぶイベンター」
高校から大学院で陶芸を専攻し、現在は京都府立陶工高等技術専門校のやきもの成形科に在学。大学で近代産業遺産アート再生プロジェクト(まか通)の参加を機に、陶芸とまちおこしの関係について研究し、京都を中心に地域の文化や歴史を伝えるため、イベントやワークショップを立ち上げている。

・山口 隆太「寺社をフィールドワークするお煎茶メタラー
龍谷大学文学部で国文学を専攻しながら、有名観光寺院や非公開文化財等、寺社に関する案内経験を積む。卒業後、観光ではない文化遺産の活用と、情報社会に生きる人間の在り方について考え始める。国文学や寺社での案内経験、煎茶道を通じて、日本に古来より根付く、神仏が身近なライフスタイルを追究し、人間が人間らしさを取り戻す時間を提案し続けている。